私の摂食障害家の民間の処方

リョクトウのゆで卵、摂食障害、口論炎治療 ペニス増大精力剤

小学校の息子は、好き嫌いが好き、肉の少ない食野菜、気候がだんだん寒くなり、雨水が減少し、さらに乾燥し、秋冬には息子がしばしば爛口もと、痒いまた痛い.最初は息子は口論しながら、発赤、痒い、そして上皮は抜け落ち、淺びらん、話す時よく引き裂く、出血.痛い、息子は舌で舐めて、口元は大きな穴が割れました.医者はこれは栄養がないと言って口論して、主にビタミンB 2が不足しているためです.

私は息子にビタミン、多く野菜果物を食べさせて、しかし短期もあまり効き目がありません.聞いた後に姑の民間療法の方法は:小半分碗のリョクトウを冷水の中、沸かして約ご分後に火を卵を突っ込んで焼いて水の中で、卵の花が息子に飲む.毎日朝晩1回ずつ.始めは息子が卵の花は株の臭みが飲みたくない、口ですごく痛い、我慢さえ飲みましたよんしよ日、口元の裂け目から收小、飲んでしまったさんの日、口角炎すっかり治った.

漢方医は、緑豆性味の甘寒、無毒で、解熱解毒、暑気払い喉の渇き、利水腫れ、明目退翳、美肌美容の効果、明代の医薬学者の李時珍料理で上物.

この民間の処方のコツは、リョクトウ沸ない昔、ご分水完済緑ばいい.煮て爛ば有機酸とビタミンは破壊され、解熱解毒の効果を下げます.

p>に<痛い片研細末治療にかびが生えて腐るの水虫

毎年夏の時、母親の足の指の間にたくさんの水疱、この癖は何年もずっと治らない.

母親は病院に連れて病院へ行って検査、医者は水虫は1種の感染性皮膚病だと言って、それはまた水虫の俗称で、しかし“水虫”と“脚気”を混同することはできません.脚気はカビに感染して、伝染性があり、多く発生して指のすきま間と手足の掌の上で.発病してから、わずかに白の水玉が滲出、数日後に脱皮、脱皮後に肉刺、特に夜間にかゆくてかゆくなる.この症状は水虫、脚気ではありません.この水虫はびらん性が深刻で、直ちに治療し、爛れる後に細菌感染を引き起こす.

晋医学書『肘予備急方」に水虫と足が弱くて、は、濡れ邪风冷えこみ毒、または積湿性熱で.医者は50粒を買って痛みを買って、細い纪末になって、足の間にまき散らすて、その縮む水分を収縮させる.毎日3~5個の時間をかけて1度、爛れる程度が深刻で、最多の7日間の痛みの粉末粉末、徹底的に治癒することができます.

私は医者に指示して、毎日痛みの粉末の粉にして母に足を拭きました.1日後、母は私に指の足がかゆくなったかと教えて、2日後に、母はもう手に足をつかんで、3日後、爛れるの部位はすべてかさぶたした;5日後、母親の脚気は良いです.今まで、母親の水虫は三三年も再発していなかったという.

(実習編集:覃昭宁)