片思い者は無摂食障害顔になって

千と千尋の神隠しは、どこにもなかったから、どこにもなかった.でも、私はそれを忘れない.千尋の橋を渡る時、一つの影は、黒の布袋、長いような一枚白紙仮面のような顔立橋.この幽霊ような顔をして、目で追って、きわめてかすかに微笑む.

この鬼、この鬼は、漂うことがない.千尋はどこへ行ってもすぐどこへ行って.

pは、いつも千から三尺のほか、静かに彼女を見て、話をしない.千尋は床をこする時に汚水を倒れ、門を開け、その鬼は外に出ていた.最初から千尋は恐らく鬼疫病神の弱々しい女の子——最初彼女はこの変なところ、初日夜が訪れる時、彼女だけを見て無数のゴースト漂ってきて漂って行っても、びっくり.でも、この内気な鬼は、私は閉鎖しないと言いました.この好意の女の子は、この恥ずかしがり屋に勇気を入れて部屋から部屋に入りました.

千尋熱薬を探して、しかしどのように言ってそれだけ勢力のカエルもしてくれなくて.カエルのそばにいては、その人の隣には、そっと熱い水薬が巧みに盗んだのだとしている.無顔に黒いローブに大怪から伸ばしその像の爪のような細い手を渡した千尋の前に.何も言わず、千人を探して受け入れている.

Pは、その大きい湯船を洗う時、顔が変なのか、それとも.遠くない距離で,千を探している.それが最後に歩いてきて、おずおずと差し出す夢を千尋の熱薬のブランドを手伝うことができることを彼女はたくさん仕事を軽減する.千人は驚きと驚きをしてはたまらない.ちょっと変な顔をして、もっと熱い水薬を、千の尋の手に力ん.私は思い出した小さな男の子に騎竹の交わり暗が好きな女の子は家からこっそり持って1個のリンゴ、授業時に小さい女子学生とはそういうものだろう.

p

は.私は、無顔に片思いしていないと思う.

みんなはすべての金がすべて知っていることを知っています.無顔怪無数のファン(見てそれでお金の分に)に、千尋の前まで歩いて、手を伸ばして、たくさんの金を変更.他人が釣れ時、1、2粒の小さい金だけになって、すでに衆生を傾倒していました.しかし、それが一掬の金子を変更して、いっぱいの一掬.切切した心は本当にかわいいね.しかも、何も言えないなんて.ただ,しぼりだけは簡単な一言:私の金は千にしかないと言って簡単な一言で言った.」

が探し出せないで千尋、無顔変この大尽業を煮やす、ここを収拾がつかなくなる、スープの姑をあやしてさえもない.千尋の中、無顔悪いのは自分でおとなしく落ちでたらめな食べ物を一皿にまだ完全な、おずおずと差し出し、あなたを食べて、これはおいしい.

Pは、貴重な苦しみの団子を取り出して、無顔にして、その体に毒と邪気を排出して.それを吐いた食べた三人が取れた暴戻な性質.その最後には1枚の紙の仮面のふわっの暗い暗いポケットを貼って,摂食障害、遠いです