潜む摂食障害の危険性

摂食障害とは?
“単なる食欲や食行動の異常ではなく、1)体重に対する過度のこだわりがあること、 2)自己評価への体重・体形の過剰な影響が存在する、といった心理的要因に基づく食行動の重篤な障害です。”
年齢層でみると、AN(神経性食欲不振症)は10代、BNは20代(神経性過食症)が多く、推定発症年齢をみると10代の占める割合が年々増加し、若年発症の傾向を示している。レビトラすでに10歳から発症する例もまれではなくなった。摂食障害剤治療は副作-を伴う可能件があります。具体的な症状としては、おしん (吐き気)、嘔吐、内炎、 手足のしびれや痛み、抑うつ状態、不快感、疲労感、身休各部と頭部の脱毛、血球や血小板などをつくる働 きが低下するなどがあげられます。これらの副作用は抗がん剤の種類によっても異なります。多く は一時的なものであり、副作用の防丨ヒまたは軽減のための処武をすることが可能です。しかし、しびれなど の神経隙害は、長く絞くことがあり、時間がたってもなかなか消えないものもあります。
放射線治療
放射線は、DNAに直接作用して細胞分裂の能力をなくしたり、細胞が自ら死んでいく過程を增強したりし て細胞を死に至らしめます。また、放射線治療のこのような作用は、細胞分裂が盛んな部位への影磐が大きいため、一般にがん細胞の方が正常細胞よりも大きな影磐を受ける特性があります。