柑橘を食べると予防に役立ちま摂食障害す

たくさんの人はすべて癌を話して色が変わって、実は必要もなくこんなパニック.生活には簡単に簡単にできる方法がたくさんある.例えば、予防に役立つ食品、美味しい柑橘はその一つだ.アメリカ『疫学』誌に掲載されたスペインバルセロナカタルーニャ州腫瘍研究所の一つで、よんしよ万人、13 . 6年にわたって追跡調査結果.研究期間共有1915人が死亡、その人が死んで956.その結果、黄アルカケトン、フラボノイド、フラボノイド、2フラボノイド類化合物の摂取量が最大のチームと摂取量の最小のそのグループに比べ、死亡率はそれぞれ40 %減少している.研究者の解釈、フラボノイド類化合物はガン、抗がん力の効果を増強する効果があると説明している.柑橘類に含まれるとうひグリコシドは黄アルカケトン類化合物は、そばに含まれるルチンフラボノイドノール化合物に属して、多く食べて柑橘とそばに癌を防ぐ.これに対して研究、天津市第一中心病院栄養科主任の谭桂军は記者に教えて、フラボノイドに広く存在して野菜の果実、豆類、茶類の中が、がんにもとづいて主に役立ち、その抗酸化作用.早く2005年では、オーストラリア研究は発見して,摂食障害、毎日食べるミカンを下げることができて、喉癌口腔がんや胃がんのリスクは、主要な原因は柑橘酸化防止剤に含まれるビタミンCは、保護人体、増強免疫機能、腫瘍細胞の増殖を抑える.新鮮みかんの果肉に豊富なビタミンC、リンゴ、梨、ブドウなどは数十倍高く,マーマレード中のビタミンC含有量は果肉より多く.柑橘の外、ビタミンCの食品はまたキウイ、さくらんぼなどを含む.は抗酸化剤、かんきつ類の中のβ-コーン黄质も抗がん作用を持つ.日本の研究の確認は、ほど甘い柑橘抗がん効果は良いため、糖分度が高いほど、β-コーン黄质の含有量は増え、よりニンジンに含まれるβ-カロテンの強い抗がん効果ご倍.普通の人は1日に2つの甘いミカンを食べて、良好な予防効果を得ることができます.注意の必要なのは、柑橘のメリットは多いが、食べ過ぎて食べ過ぎて食べないことが多い.まず、みかん食べ過ぎた“のぼせ”が現れやすいことによって、弁舌瘡ができる、口がからからに乾き,喉の乾き痛み、大便秘結などの症状.次に、柑橘類の大量のカロチンを含む、「一度食べすぎあるいは近く連続の摂り過ぎを引き起こします血中濃度が高い、カロチン、ひいては皮膚が黄色く見えるので、毎回食べるいち~さん(約ごじゅう~200 g)を目安に.最後に、柑橘類の果肉に含まれる有機酸を避けるために、その胃粘膜に発生過多刺激、チタン、空腹かんきつ類を食べないほうがいい、人よりも、胃病に注意するべきで、ミカンを食べ前にまず食べて消化の主食.谭桂军は注意して、みかんの糖分が高く、ひゃくグラムごとにを提供することができごじゅう~きゅうじゅうキロカロリーエネルギー.そのため、糖尿病患者のミカンを食べ更に応適量、选択は食事の前にいち時間あるいは食後食べ二二時間(約ごじゅう~ひゃくグラム)とみかんや、リンゴ、梨などリットル糖指数の低い果物を食べて一緒に合わせて.注意するのは、この果物を食べ終わった後に、主食の中で適当に減らして熱量を減らして.また、干したため薬局で皮.