新世紀ペスト?伊ボーラ摂食障害ーウイルス防疫心得

エボラ熱ウイルス(Ebola)出血熱二月で暴れギニア爆発、西アフリカ、これまでにいち、323人に感染して人の命を奪う、729、先月ヨーロッパもアジアも疑い例が確認されなかったのは、幸いなことに.ウイルスは現在無薬治療することができて、アメリカ『自然新聞」(Naturalニュース)の創業者のマイクAdams文章を呼びかけ、今もいい人なのは、食べて,よく眠って、積極的に体の免疫力を強化する.

伊波ウイルスの感染経路
はbbエボラ熱ウイルス

れアメリカ疾病管制センター(CDC)列第四級(生物害になると四級、4級の最高)が好きで、活動は湿気、暗い環境では典型的な空気による感染が、滯在することができる空気中の浮遊粒子のように,摂食障害、患者の咳、くしゃみをする飛び散るて細かい粒子で唾液も,血液、精液、だから直接接触しない限り病人や体に傷もない、実はかなり低い感染リスク.

漂白剤、日光は伊佐のウイルスを殺すことができますbb

消毒はすべて防疫措置の焦点は、既知の漂白剤の成分が次亜塩素酸ナトリウム(sodium hypochlorite)、メタノール(methyl 女性用人気媚薬 alcohol)と紫外線も殺しエボラ熱ウイルス、これもどうして陽射しが強い砂漠地帯に見つからない多すぎるエボラ熱ウイルス、これもどうして今回西アフリカエボラ熱ウイルス感染が非主出血熱に近づくと西アフリカ熱帯雨林辺鄙村の原因.

Pは、