摂食障害と健康の関係

摂食障害とは
過激なダイエットをしているからといって摂食障害とは限りませんし、レビトラふつうのやけ食いと過食症と区別がつきにくいなど、摂食障害は異常であるかどうかがわかりにくい「心の病気」です。
病気とは、本人にとって基本的に辛いものであり、症状を自分でコントロール出来ないという意味です。「私はやせたいだけ」という言葉とは裏腹に、その実体は本人にとっても決して心地よいものではありません。
今はとてもそんな気持ちになれない、と思っても焦る必要はありません。無理に元気を出す必要もありま せん。あなたと同じような気持ちを休験した人が今、別の新たな気持ちを持てるようになった、ということが励みになるかもしれません。以降の文章はそんな気持ちになったときに読み進めてみてください。
摂食障害が再発したことを受け入れるのはつらいことです。事実を受け止めるためにも時間が必要ですし、その事実を受け入れた上で必要なことを調整するにはさらに時間が必要になる場合もあります。
しかし、必要以上に長い時間をかけてしまうと、摂食障害治療の選択眩を話し合ったり、必要な治療を受ける時期を逃してしまう こともあります。焦る必要はありませんが、あなたが信頼する人と話すことで、時間の経過とともに心を落 ち若け、次に内かう力を持てることもあります。