拒食症は怖い!

「痩せている女性が美しい」というのは現代社会の風潮です。女性は誰も太りたくないのです。95%以上の人が1度はダイエットの経験があるのです。その中で頑張り過ぎて体調を崩したり、空腹に耐えかねて断念したり、ダイエットの限界を超えてしまう人も多いです。その結果、拒食症になりました。

拒食症の正式病名は「思春期痩せ症」、「神経性食欲不振症」、レビトラ「神経性無食欲症」です。食欲がなくなったり食べる事を拒否したりする状態です。拒食症を起こす原因は複雑です。心の病とされています。拒食症の人は強い痩せ願望や肥満恐怖を持っているからです。他人の目には骨と皮だけの体が自分の中ではまだ太っていると思いがちです。

拒食症によって体が栄養不良の状態になります。頭髪の脱毛や脈拍が遅くなったり、低体温、低血圧、貧血などが多く見られます。女性の場合は、養状態の持続により、視床下部や下垂体が悪影響を受け、性腺刺激ホルモンのバランスを崩し、無月経になりやすいです。

拒食症は怖い病気です。拒食症であることが苦になって自殺してしまったケースもありますし、何より食事を摂らずに体重が減少していくことから栄養不足で死亡するケースもあります。また拒食症はい絶食の症状が現れることもあります。食事を摂ったとしても嘔吐を繰り返してしまったり下剤を使ったりして、食べた物を全部排出してしまいたいという衝動があります。自傷行為の一つとして、死と隣り合わせの非常に危険な行為です。拒食症の死亡率は10%にもなると言われています。