医協して利益を削除人事支出と、摂食障害医療ミスが解読

台灣医療改革基金会先ごろの研究、医療財団法人病院で儲けた金は改善していない医療関係者の職場環境,医療公益部分は合法が足りない透明化、2日間による各反応、衛生福利表示部に多くの医療改革が提案し、台灣病院協会と数家の指名に病院は医療ミスが解読、事をするなど、表現の厳正な抗議.

当事者の被害に>と<
台灣病院協会によると、医療改革が財務諸表だけで判断し、財務諸表に深く入り込むことができないが表示病院は人的配置や給与や福祉を改善した多くの事で,摂食障害、現行の各院届け出るの医療人件費が率はいずれも正常な範囲は45~55%の間で、しかも人件費支出%はない率高愈ほど良い病院、近年発展電子情報システムは、簡略化作業の流れを保存すると、すべての費用を返報に医療の報酬及び福利で、このような構造の違いに決算に加えて总后は表示されていませんの.

協会も林口庚を例にして、いわゆる173億ドル黒字は台塑故会長株式配当業者の寄付をしても、林口庚は健保点值制給付制度の下では、本業のほうは実はろく億元の損失.財団法人黒字は、任意に使用することはできない、また、幾重にも監視、医師は年に1300人、看護師は年に15000人、しかし、人の病院が欠けて人がない.

に対し、医療改革会声明は、資料は全て自衛の福部が発表した財務諸表、公の評価を受け.また、医療改革は、病院の専門だ収入が増えて、合理的な推論をサービス量の増加は、合理的な向上人力経費比率、人件費総額もコストアップに達していないが、比較的性の向上」比率を維持するかは、合わないか、すなわち業務量の増加、賃上げ人力は補って、おそらく、1人が2人用の過労状況.

ちなみに、医事コード体係李伟强局長によると、卫福部は毎年どうぞ第三者のシニア会計、財務管理の専門家及び公益団体の代表は病院の財務報告審査を行うべきで、できる限り善監督の責任.

「時医療会報告重点暴露
が医療<の解読方式の違いかどうか?健康世界は研究に何枚か代表的なグラフを暴露し、説明をし、民衆の考えを考え、そして討論の.

医療改革はよんじゅう医療財団法人病院に分かれ、背景は一般企業(たとえば庚、キャセイ)は、宗教的背景(例えば慈済、キリスト教病院)の3タイプに注意してください医療グループでは,非、単一病院、例えば庚の代表のは各地の庚の総合病院から企業部分はななしち医療財団法人ではなく、それはななしち病院.

この表を示し、企業病院は専門だ収入が良いの積の効果を、一般病院と宗教の平均にとっては損失の状態にして、しかし彼らはすべて悪くないの全体の利益を、この世代」