何を食べるの摂食障害が早いじゅうに咳の食療の民間の処方巧咳を止める

咳は年に1年の四季すべて発生して、しかし冬春気温が低いこと,摂食障害、温度の変化が激しい変化が大きい時更に発生しやすいです.子どもや高齢者は普通成人に負け越し.これは子供と老人の呼吸器官で温度に対する適応力に対して、靑壮年者が悪いため.温度差が冷える以外のほか、咳の発生に伴っても常に病原微生物のように襲われ、細菌やウイルス.

p> <いち、和え卵治療咳:慢性気管支炎の人、風邪後咳を発生しやすく、胸痛息が切れるいや不安.砂糖を卵で和えるた後に服用し,効果は良いです.

方法は次の通り:新鮮な卵を一つ、ワンコに持たせ、かき混ぜない割れ卵黄、卵白の量を加砂糖とスプーン1杯の植物油、鍋中隔水を煮て、夜寝る前に一度は熱いうちに食べて.2~3回咳をしたら治る.咳頑固者は何度か食べることができます.

2、胡桃5個、生胡麻25グラム、生姜25グラム、黒糖適量.クルミと生ゴマ搗いて微塵、しょうがは皮をむき搗いて微塵.集中して碗の内に入れて、黒糖をプラスして均一に攪拌ます.毎回取一おたま(約さんじゅうグラム)、白湯は冲服、毎日早晩それぞれ服一度.

さん、冷たい心、肺を潤すこと消痰逆上をとる、ドンコ内の二重鎖糖核酸人体内の発生のインターフェロン体内のウイルス退治する.梨ソース煮込みドンコの療法防止秋冬の乾燥し咳をして、感染を服用して、一般は二、三日見がある.

p> <制法は次の通り:まずよんしよの梨は皮をむいて切片絞り汁を200グラム、ドンコ切片をきれいに洗って、適量の水や氷砂糖などドンコ煮込みと煮込み、熟している後に、朝晩2回に分けてスープさえ同食で.

よんしよ、冷たい心、肺を潤すこと消痰逆上をとる,ドンコ内の二重鎖糖核酸人体内の発生のインターフェロン体内のウイルス退治する レビトラ通販.梨ソース煮込みドンコの療法防止秋冬の乾燥し咳をして、感染を服用して、一般は二、三日見がある.

p> <制法は次の通り:まずよんしよの梨は皮をむいて切片絞り汁を200グラム、ドンコ切片をきれいに洗って、適量の水や氷砂糖などドンコ煮込みと煮込み、熟している後に、朝晩2回に分けてスープさえ同食で.

P5、生姜は皮を洗って皮を切り、咳、咳をしたとき口にしておくと、咳はすぐに停止しました.のどが痒いと痒いと、一日に二回食べて、夜寝る前に一度食べて、二日に3度、咳は治りました.

P6、数日咳が止まらない、夜は寝つくにくい、白大根、毎晩、半截を切って、清水で煮、大根、熟した後に茶碗やワンコで水で水を濾し、少し寒い後飲む.咳は減ります.数日連続飲んで、咳は治ります.