ここから女は胎摂食障害内をしたかどうか見てから

人の流れに対してはみんなはすべてよく知らないではありません.普段の生活では人が出て、避妊ができないと妊娠しているため.妊娠した後には、人の流れによって解決するしかない.私たちはすべて人の流れは女性に対する危害がとても大きいことを知っていて、よく人の堕胎の人はまた不妊する現象が現れるかもしれません.

北京靑年報は私たちの国有性生活の若い人に対して調査表示を調べて、たぶん11 %の人が現在の避妊方式に対してとても満足しています.

81%の女性が緊急避妊薬の使用経験した人は45%で,初めて使う緊急避妊薬が15~19歳だった時,摂食障害、また、40%の女性は過去に何度も緊急避妊薬を使って一年.

若い人には避妊知識がひどく乏しかっ

をして<P>して>

わずか10%の若い人(15-24)は避妊知識を知っている.若い人は避妊の方法に対して有効性がある判断が正しく判断しないと判断して、低くて短い効果の経口避妊薬のこのような高効率の避妊の方式を推断しました.75 %の若い人は過去半年も過ぎて避妊して効率的に低い避妊方式を使って、安全期間法、体外/中断して射精あるいは緊急避妊薬.安全期、体外、緊急避妊薬という3種類が頼りない避妊方式で、過去半年、50 %近くの若い人が使用していたことがある.

若い人は避妊の方面の自己防衛意識が弱い

は若い人は今の若い人は、防護性行為の事件が頻発することはできませんでした.

74セックス経験があった無防護男性性行為;15~19歳だっ有性経験若い人の中で、71%あった無防護性行為.69%が有性経験の若者があった無防護性行為.若い人は避妊に対して満足の需要を満たしていない.若い人は情報を得る主要なルートはネット、友達と生理の教材で、その最も信頼のルートは医者の看護師と計生教育の教育システムです.若い人はよく避妊のルートをよく獲得して、最も信頼するルートは対等で、若者は少ない信頼のルートから獲得して情報を得ることが少ない.

中国で毎年人工流産手術は1300万例、人工流産して年少化傾向が明らかに、一部の女性は繰り返し流産、女性に心身ダメージを与えるとしている.先日、心を咲かせて·中国女性の生殖健康促進プロジェクトが北京で正式にスタート.これは、中国婦女発展基金、国家人口計画出産委員会科学技術研究所、中華医学会の計画出産学分会共同発起し、バイエル医薬保健有限会社支持の女性の健康と公益プロジェクトを目指し、昇格で計生専門サービスプロバイダの専門が力とサービスを提供する能力、出産可能年齢層の一連の計画出産の選択の教育は、アップグレードすると知る権利と選択科学避妊方式の能力が低下し、妊娠や中絶率を促進すると、中国女性の生殖健康レベルアップ.

は毎年、女性が流れても、人の流れが50 %に達して

と繰り返して,毎年流産して